読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひさしぶり

9月から仕事が変わった。

ホワイト企業に就職した。



私は本当に頭が弱いから人一倍頑張らないといけない

そもそも頑張る、の上限、程度なんて人それぞれだけど、私は頭が弱いから上限も限界もわからない。何をどこまで、どれくらいやれば満足できるのか分からないし、満足したいのかさえも分からない。他人が自己のことをどこまで理解しているのかも全く分からない。すごく今教えて欲しいこと。基準がないから怖い。みんなのそれぞれの基準が知りたい。


何を優先して生きていけばいいのか分からなくてとても悩んでる。お金なのか、時間なのか、身体なのか、精神なのか。どれも欠かすと崩れるのは頭ではわかっている。どれも余裕がないと人に優しくできないし。偽るのなんていくらでもできるけど。

私の自分では分からない部分を理解しようというしてくれているであろう医師は、「私があなたに頑張りすぎるなと言っても無駄でしょう。もう少し自分に目を向けて、周りの目を気にせず、自分が許せる範囲、というのが自分の中でみつかるといいですね。私がなんといってもあなたには響かないと思いますし。」っていう言葉を貰ってから、それを意識しながら生きてみている。今私は疲れてるかな?とか、本当にこれがやりたいのかな?とか。20何年か生きてみて、最近出来るようになったのは、会いたい人には会う、会いたくない人には会わないという選択ができるようになったことくらい。たまにできないけど。あとは、疲れたかもって思ったら少しだけ手を止めることもできる。たまに人に今日は休日だよ、とか休憩時間だよ、って言われないと気付けないときもあるけど。


意識って本当に難しくて、食事でさえも人かアルコールに促されるか、生命の危機を感じるかをしなければ摂れないくらいに頭がおかしい。お腹が空いたという一つの条件だけだと食事ができない。まず、私は明日も生きるらしい。から始まって、明日は仕事がある。体調を崩したら迷惑がかかかる。何が摂取しなければ。という義務感。疲れたから寝る、お腹すいたから食べる。それが自分ではコントロールできない。


もやしは安いし白いしどこにでも売ってるしカロリーがほとんどなさそうだからすぐ買っちゃうんだけど、頭が弱いから一袋一気に使って多すぎて途方にくれる。食べたくないのに料理をするという矛盾した行為にイライラするし。

でもきちんと経口摂取しないと、他人や親に頼らなければならなくなる。だから自分でなんとかしなければならないっていうのはもう経験していて分かってるはずなのに、最近またうっかり忘れるところだった。危ない。寄りかかれる人や場所があるようでなくて怖い。

痛いのは一時的なもの、一時的なもの、と思って20年くらい経ってる。

好きだとおもってたことやものや人を好きでなくなったりできなくなったりするのはきつい。

こんな文章を書きたくないのに、しかもこんな誰も見ていないに等しいアカウントで、こんなことを吐露して、相当心身に負荷がかかっているのでしょう。心身に負荷がかかっているな、って思えただけで良しとしたい。

吉祥寺に住んでると、うるせえメンヘラ!とりあえず飲め!って流してくれるヤク中ばっかりいるから一時的にホッとする。早朝のハモニカはヤク中ばっかりだし交番の警察官は話が長いし鳥二郎も鳥貴族もあるしもやしは安いしとっても良い街に住んだと思う。


頭が悪い文章。

でもこれを書きながら良い意味で思い浮かべる人たちが思ったよりたくさんいたことに気がついた。ありがたい。